【赤ワイン編】お酒の賞味期限について詳しく解説します

日本でもワイン愛好家が非常に多くなっています。

特に最近では若い女性を中心に愛好家が多くなっているのです。

それはアンチエイジング効果など、若返りや美肌効果が期待されることが分かったからです。

主原料のブドウにはポリフェノールが非常にたくさん含まれており、ビールや焼酎を毎日飲むよりも健康に良く美容に良いと若い情勢に認識されるようになりました。

ホテルやレストラン、カフェなどでも頻繁にイベントが開催され、さらに若い女性の人気獲得にメーカーも必死に販促をかけている状態です。

フレンチやイタリアンなどおしゃれでスタイリッシュなレストランでは必ず提供されるものであり、素材のうまみや風味をさらに引き立ててくれる重要なお酒でもあります。

飲めるようになることで。

レストランでのソムリエとのコミュニケーションも円滑になり、未知の銘柄などを教えてもらいテイスティングなどもできるようになるので、さらにフレンチやイタリアンでの食事が楽しいものとなってくれます。

ワインは賞味期限も定まっていないことも魅力の一つです。

ビールなどは長期保存がきかないものであって、日に日に劣化していき風味やのど越しも落ちるといわれます。

一方ワインであると、むしろ瓶に詰めてから長期間にわたって寝かせ、熟成させた方が風味も香りも一層増すものもあります。

かえって何十年と寝かせておいた方が、価値があがり資産となる銘柄や品種もあるほどです。

ワインにはこれといったきっちりと決められた賞味期限はないものの、おいしく飲める期間として推奨されていいるものがあります。

赤ワインでは店で購入後2年から3年以内に飲むことが推奨されています。

白ワインに関しては1年から2年程度がおいしく飲める期間と言われているのです。

赤白いずれを購入する際も、店舗スタッフやソムリエにいつが飲み頃かを相談することが一番賢明と言えます。

開栓して飲んでいても、すべての飲めないケースもあります。

ビールのように捨ててしまってはもったいないと言えます。

実は開栓してからも一定の期間、おいしく飲めます。

フルボディの赤であれば開栓後5日程度、ライトボディで3日程度はおいしく飲めます。

白は開栓後2週間から4週間程度もおいしくいただけます。

スパークリングは開栓してからは、何日も持たないだろうと思う人もう人も少なくありません。

スパークリングに関しては2日程度ならおいしくいただけます。

ところが開栓後は新著な保存が求められるのは言うまでもありません。

国者日光をさけ、酸素に極力触れないような小さなボトルに移し替え冷蔵庫の野菜室などで保存しましょう。

関連記事

  1. 知ってると安心!開封後のスパークリングワインの保存方法とは

  2. 初心者はワイン専門店で購入するべき!その理由について詳しくお伝えします

  3. 白ワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します

  4. ロゼワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します

  5. 大きく分けると4種類!ワイン初心者のための基礎知識を公開

  6. スパークリングワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します