スパークリングワインのアルコール度数ってどのくらい?

スパークリングワインは炭酸の要素を足したワインで、主に白ワインがスパークリングワインとして用いられています。

そのスパークリングワインの度数が平均して10度から13度程度となっており、メーカーなどによって異なるのが特徴です。

最も低い度数としては7度程度もあり、非常に飲みやすく炭酸ののどごしの方を感じたい人におすすめと言えるでしょう。

度数の高いものでは15度を超えるものもありますが、それ以上は炭酸要素と兼ね合わなくなるでしょう。

関連記事

  1. 開封後のスパークリングワインの正しい保存方法について詳しくお伝えします

  2. スパークリングワインとシャンパンの違いについて詳しく紹介します

  3. スパークリングワインの魅力とは?特徴について詳しく紹介します

  4. イタリアの奇跡とも呼ばれるフランチャコルタの特徴について紹介します