大きく分けると4種類!ワイン初心者のための基礎知識を公開

ワインは大きく分類すると、赤・白・ロゼ・スパークリングの4種類がありますが、この4種類の中でも3つはスティルワインと呼ぶ種類です。

ワインを醸造方法で分類すると、スティル・スパークリング・フォーティファイド・フレーバードの4つに分類が行われます。

なお、一般的なワインの分類でもある赤・白は使用するブドウ品種の色による違いです。

赤ワインは黒ブドウを使い皮ごと潰して皮と種をそのまま漬け込みます。

これに対して白ワインは皮の色が薄い白ブドウを使い赤と同じく皮と種をそのまま漬け込みますが、発酵前に果汁を絞るのが特徴です。

関連記事

  1. 【赤ワイン編】お酒の賞味期限について詳しく解説します

  2. 初心者はワイン専門店で購入するべき!その理由について詳しくお伝えします

  3. ロゼワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します

  4. 白ワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します

  5. 初心者におすすめ!ワインの選び方のコツとポイントを大公開します

  6. 赤ワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します