開封後のスパークリングワインの正しい保存方法について詳しくお伝えします

スパークリングワインは開封後に炭酸が抜けてしまう危険性があるため、保存方法をよく理解しておくことが大切です。

どんな保存方法を使用しても炭酸が抜けてしまうため、開封後2日までしか持ちません。

それでも翌日まで炭酸のある状態で保存をしたいなら、空気にできる限り触れない形で保存することが最適です。

例えば小さめのボトルにぎりぎりまで移し替えて空気に触れる面積を減らすことで、抜けにくくなります。

また、スパークリングワインストッパー・シャンパンストッパーなど専門のストッパーを使って長く泡が持つようにすることが重要です。

保管は冷暗所、特に冷蔵庫の野菜室などが最適です。

関連記事

  1. イタリアの奇跡とも呼ばれるフランチャコルタの特徴について紹介します

  2. スパークリングワインの魅力とは?特徴について詳しく紹介します

  3. スパークリングワインとシャンパンの違いについて詳しく紹介します

  4. スパークリングワインのアルコール度数ってどのくらい?