スパークリングワインとシャンパンの違いについて詳しく紹介します

スパークリングワインとシャンパンの違いは、基準の厳しさです。

そもそもシャンパンはスパークリングワインの一種なのですが、その中でもシャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で製造され、フランスのワインの法律である原産地呼称管理法に規定された条件を満たしたスパークリングワインのみ名乗ることができます。

条件も様々で、製造地域・ぶどうの品種・製造方法・アルコール度数などの項目があります。

こうした違いを理解していると、シャンパンをさらに楽しむことができます。

関連記事

  1. スパークリングワインの魅力とは?特徴について詳しく紹介します

  2. イタリアの奇跡とも呼ばれるフランチャコルタの特徴について紹介します

  3. 開封後のスパークリングワインの正しい保存方法について詳しくお伝えします

  4. スパークリングワインのアルコール度数ってどのくらい?