【スパークリングワイン編】お酒の賞味期限について詳しく解説します

今日本では空前のワインブームが巻き起こっています。

レストランやホテル、バーやラウンジではイベントなども頻繁に開催され、人気の高さをうかがい知ることができるようになってるのです。

ワインとはビールや日本酒を飲みなれている人からすると、渋みやえぐみを感じたり、あまりにもフルーティーで苦手意識を持つ人も少なくありません。

だが原材料はブドウであり、それを熟成し醸造したものであって人間の健康において大変メリットがあるものです。

ブドウにはポリフェノールが豊富に含まれているため、それを飲むことで抗酸化作用が期待できるようになりアンチエイジング効果も期待できます。

このような人間の健康にとって良いので積極的にたしなむと良いでしょう。

しかし苦手意識を持っている人は、スパークリングワインから始めてみるのも賢明なのです。

スパークリングであると、味がマイルドで炭酸があるために、初心者でも難なくいただくことが出来るようになります。

スイーツのクッキーやチョコレート、チーズケーキとも相性が抜群であるので、おやつのお供に初めて見るのも良いと言えます。

ワインは保存がきき、長期にわたっておいしくいただけるアルコールということは誰もが認識しています。

ところがスパークリングワインとなるとその賞味期限は、炭酸がある分非常に短いのではないかと思われがちです。

実はスパークリングであってもその保尊期間は3年から10年と言われています。

ボルドーや白ほどではないものの、かなり賞味期限は長いと言えます。

ただし保存状態をしっかり管理しなければならないのは言うまでもありません。

光が当たらないようにするのは必須であり、ワインセラーに入れておくのがベストです。

ご家庭であればワインセラーもないことが多いので冷蔵庫の野菜室に入れておくと良いでしょう。

コルクを乾燥させないということも大事であり、湿度管理もしっかりと行う必要があります。

特筆すべきはスパークリング開栓後でもしばらく保存することが可能なのです。

開栓後のスパークリングの保存では空気に極力触れさせないように保存します。

そのため小さめのボトルに移し替えて、表面積が狭くなるようにして保存します。

スパークリングストッパーというものが市販されているので、これを使って阿波の炭酸が消えてしまわないようにすることも忘れてはいけません。

光が当たらないようにすることも非常に重要で必ずワインセラーもしくは、冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。

関連記事

  1. 【赤ワイン編】お酒の賞味期限について詳しく解説します

  2. 初心者におすすめ!ワインの選び方のコツとポイントを大公開します

  3. 赤ワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します

  4. スパークリングワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します

  5. ロゼワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します

  6. 白ワイン|ワインの産地ごとの特徴について紹介します